ライセンス取得

株式会社気球屋では、日本気球連盟のパイロットライセンスの取得を目指す人を応援致します。  
自分で気球を操縦したい方、気球のレースで上手くなりたい方、熱気球体験搭乗(係留飛行)を計画の方、経験豊富な日本トップクラスのパイロットが、講習を致します。
  
指導教官:
水上孝雄(日本気球連盟公認インストラクター・イグザミナー)  
遠藤 護(日本気球連盟公認インストラクター・イグザミナー) 

パイロットスクールの受講コース
1.個人やチームで気球のフリーフライトを目指す一般コース  
2.事業で体験搭乗(係留飛行)を実施を目指すコース  
  (大型気球を使って、係留のノウハウも指導致します)  
  一般コース+係留フライト実習  

ライセンス獲得方法
短期集中の「合宿型」とじっくり進めていく「通学型」の2種類あります。 
自動車の教習所と似たような仕組みで熱気球のライセンスが獲得できます。   
当スクールは、座学も実施致します。

所要期間
おおよそ13~15時間フライトでのライセンス取得を目標とします。  
13回の練習フライトとを露フライト1回及び実技試験1回分が基本料金に含まれています。これ以上は追加料金が必要となります。人により習得時間は異なります。  
気球連盟の基本条件(10回10時間以上+ソロフライト1回以上など)  
最低でも11回+実技試験1回の12回はフライトします。

費用
お問い合わせ下さい。 
ご要望の内容に合わせてお見積りします